Spiral-World

めくるめく世界での個人的な日記

大黒柱

歳を取ると涙腺が緩む。らしい。

 

ボクは子どもの頃から涙もろかったので、

加齢による涙腺劣化を実感していないが、

それでも昨夜のWBC日韓戦では涙がこぼれた。

 

宿命や因縁などの枕詞に隠された思惑はどうあれ、

韓国との対戦にはやはり格別な想いがあり。

中でもフットボールと野球においては、

その想いがいっそう熱くなるのは事実。

 

先発はダルビッシュ

今大会の侍ジャパンにおける中心的な選手であり、

日本が世界に誇るピッチャーだ。

 

1、2回は無失点に抑えるも身体と球にキレがなく、

3回表の韓国に3点の先制を許す。

 

一方、韓国の先発キム・グァンヒョンは、

キレキレの球と抜群の集中力で好投。

2回までで、すでに5三振と絶好調。

 

試合の流れが韓国に大きく傾き、

WBCルールの投球数制限的にも、

4回には投手交替がほぼ確定的な3回裏の侍ジャパンの攻撃。

 

先頭打者の源田が四球で出塁したのをきっかけに、

絶妙な駆け引きでキムを揺さぶり、

あっという畳みかけて逆転して見せた。

 

まるで別チームのような豹変ぶりには、

常に勝ちを目指すとの大前提に加えて、

「万が一にもダルに負けはつけさせない」との想いが、

チーム全体から滲み出ていたように感じてグッときた。

 

あくまで結果論だが、

栗山監督がこの一戦をダルビッシュに任せたのには、

いくつもの狙いがあったように思える。

 

ダルで勝つ。

それだけを優先するならもっと違う起用法があったはず。

 

いち早くチームに合流したものの、

本調子には程遠いダルを、

わざわざ強敵相手に先発させる必要は無い。

 

勝つにしても負けるにしても、

その後の日本代表に必ずプラスとなる。

 

指揮官にそんな狙いがあったとするなら、

昨夜の見事な逆転劇は単なる一勝ではなく、

確かな手応えを感じられるものになったはず。

 

これってファイターズファンの視線かな?(笑)

忘れられない言葉

「キライな言葉は?」

 

NHKの「SONGS  WRITERS」に出演した際、

簡単なアンケートで尋ねられて、

Mr.Children桜井和寿は言った。

 

「難しい問題だよね」

 

インタビュアーだった佐野元春が一瞬迷い、

「あぁ! 諦めてる感じ?」と確認すると、

「そうです」と答えた。

youtu.be

たったそれだけの短いやり取りではあったが、

その言葉が今でもボクの胸に刺さっている。

 

答えを出せない、

もしくは、出したくない時に使っている。

しかも、軽々しく。

 

信仰や政治などあらゆる主義主張をはじめ、

果ては食べ物の好き嫌いを例に挙げるまでもなく、

世界はややこしさで溢れかえっている。

 

いや、世界はむしろ、

それらのややこしさあってこそ成り立っている。

 

「難しい問題だよね」

 

この言葉はそんな世界の有り様を、

見事に言い表しているし、

それを口にすれば、

何かがひとまずは落ち着くように思える。

 

だけど、その言葉と、それを発する心理状態は、

ボクをどこへも連れて行ってはくれない。

 

「『難しい問題だよね』って言葉がキライ」

 

たったその一言にボクは、

最も弱い部分をひと突きされた。

 

さすがだなぁと、今でも思う。

信じる心

統一教会に続き、

運営実態での問題がとり立たされたエホバの証人

 

宗教とは人類そのものの歴史とほぼ寄り添い、

常に問題を抱えているように感じるボクは、

無宗教者だ。揺るぎなく。

でも、無神論者ではない。と思う。

 

それがなぜなのかを語ると2日間くらいかかるので、

一気に割愛すると下記の6点が引っ掛かるから。

 

・具体的な人や物が神として存在する

・訓えに、味方と敵、善と悪が歴然と存在する

・神や訓えを信じ仕えるものだけが救われる

・宗派や団体が存在する

・信者となるために金銭などが必要となる

・教祖の顔や存在感が生理的に気持ち悪い

 

信仰の自由も信仰心をお持ちの方々も、

否定する気は、これっぽっちも無い。

 

でも、上記のような条件とかシステムみたいなモノに、

ボクは強い違和感を覚えるのだから仕方ない。

 

オウムや統一教会は論外。

で、エホバの児童への体罰も同様だが、

輸血拒否をにはちょっと複雑な想いがある。

 

治療内容は個人の意思が尊重されるべきで、

国や医療関係者はもちろん、

三者が想定する「最善」が優先されるのは、

かなりおかしいと思うからだ。

 

命を救うために常に最善を尽くす。

 

それは医療に関わる方々のみならず、

多くの人に共通する想いであり、

なかば人類の使命であることは百も承知。

 

特に、大切に想う誰かが命の危機に瀕していれば、

いっそうその願いというか想いは強くなる。

 

他方で、繰り返しになるが、

命のあり方や尊厳については、

個人の意思や価値観が最優先されなければと思う。

 

1985年6月6日の16時35分、

川崎市高津区で交通事故が発生。

当時10歳だった男児がダンプに両足を轢かれ、

救急搬送される。

 

担当した医師は輸血さえすれば助かると判断するも、

両親からは輸血拒否の意思が示され、

結果的に男児は死亡した。

 

当時はその両親とエホバに対して、

日本中でバッシングの嵐が巻き起こったし、

ボクもその中のひとりだった。

 

だが、その後、エイズの爆発的感染拡大に伴い、

B型、C型肝炎などの感染症の拡大に、

輸血が少なからず関与していたと知り、

かなり複雑な気持ちになった。

 

無知ゆえに盲目的批判をしていた自分を恥じつつ、

でも、今も、考える。

 

生死の境に立たされた10歳の児童は、

自らの意思で輸血拒否をするほどに強く、

その神を、宗教を、信仰していたのか?

 

たぶん、

この世に存在するすべての神にも分かるまい、と思う。

知らないアノ子

「若い、でまとめないでください」

 

CMの中で若い女性が言う。

その仕草と言葉にドキッとさせられた。

 

auの3太郎シリーズはけっこう好きな作品が多いが、

その理由の一つに「謎キャラ」の出現が挙げられる。

 

誰もが知る超メジャーなレギューラー陣の中に、

独特なクセの強さを持ったキャラを配置するセンスの良さに、

さすがだなぁと唸らされる。

 

それこそがauの狙いだと思う一方、

登場する曲者キャラのほとんどを知らない自分に、

かなりガッカリしながらも、

「あまのじゃ子」をググっております。

 

 

見せ方の妙

5%還元に釣られて、

主にコンビニでSMBCのクレジットカードを使うようになり、

楽天との違いを実感している。

 

SMBCの5%還元はとても魅力的だが、

楽天に比べ貯める使うの場面での手応えが乏しい

 

楽天はユーザーのランクや利用日などによって、

ポイントの倍率が大きく変わるなど複雑ではあるが、

専用アプリではいつどうやってポイントが貯まり、

それをどう使ったのかがけっこう詳細に分かる。

 

対するSMBCは利用明細はしっかっりしているものの、

それが何ポイントなのかなどは分からず。

 

「ポイント」をエサとしたユーザー囲い込みは、

今のところ楽天の圧勝かなぁ。

 

がんばれ、SMBC

謎シグナル

並々ならぬ決意あってのことだろうとは思う。

 

韓国の尹錫悦大統領が目指す日韓関係の修復案は、

当然のことながら大きな波紋を呼んだ。

韓国の国内だけでなく、日本でも、だ。

 

尹大統領の覚悟は伝わってくる。

だが、それを、諸手を挙げて歓迎する日本人は、

けして多くないだろうと思う。

 

過去の歴史認識問題において、

両国間に大きな認識の差が立ちはだかっている。

 

過去にあった植民地支配について日本は、

基本的に日韓請求権協定とその後の謝罪で、

すでに解決済みであると考え、

韓国はそれでは不十分と考えている。

 

それでも朴槿恵政権において慰安婦問題は、

「最終的かつ不可逆的に解決される」と、

世界に向けて宣言した。

 

しかし、文在寅が政権を握ると一転、

その合意を反故にし徴用工問題も再燃させ、

日韓関係は戦後最悪と言われる状態に落ち込んだ。

 

「日本との良好な関係」や、

「安全保障や経済の発展のため」との韓国側の言葉を、

つい、友好的な関係を望んでいると思いがちだった。

 

そして、友好的であるということは、

戦時中から現在に至るまでの両国間の問題をリセットし、

新たな関係性を築くのだと思いたくなる。

 

でも、韓国はそんなことは微塵も考えていないと、

今は思ってしまう。

 

韓国側が言う日本との良好な関係とは、

「韓国の安全保障や経済発展のために」必要なモノを、

「韓国が望むタイミングと規模」で、

「日本が無条件提供する」ことなのではないか?

 

で、彼らは、それが正当だと心底信じているし、

それを実現するためにさまざまな方策を練り、

シグナルを送っているのだと思ってしまう。

 

尹錫悦大統領が提示した修復案の柱は、

おおむね次のようなもの。

 

「韓国最高裁が2018年秋に命じた、

 日本企業2社の賠償支払いを

 韓国政府傘下の財団が肩代わりする」

 

肩代わりとの文言に、

ボクは強い警戒感を持たずにいられないのだ。

疑問

批判する気などまったくない。

でも気になっているので書く。

 

Youtuberを観ていて不思議に感じるのが、

室内での単独(と思われる)収録でも、

マスクをしている方だ。

 

それを良いだの悪いだのという気はないし

YoutubeがTVとは違うのは百も承知。

 

ただ、コロナの感染拡大以前は、

マスクをせずに収録されていたYoutuberが、

今でもマスクをしているのに違和感を覚えるのだ。

 

なにか理由があるのかなぁ。